委員会・プロジェクト活動

委員会活動は、薬局で患者様によりよいサービスを実践できるように、そして自分たちの薬局を働きやすく、質の高いサービスを行えるように薬局内に眠るすぐれた知識や技術の見える化を行い、新しい仕組みを日夜、研究を行っているチームです。

地域マーケティング委員会

地域のみなさまに薬だけでなく健康についてもっと興味を持っていただき元気に過ごしていただけるお手伝いをすることが目標です。
薬局の中だけでお話しをするだけでなく、地域へ飛び出し、公民館、デイサービス、市民講座などで、薬の正しい使い方、お薬手帳の活用法、認知症カフェ等のお話しをさせていただいています。


リスクマネジメント委員会

「人間はミスをする動物である」
「人間は感情を持っているがゆえにミスを犯す」
しかし、薬剤師に調剤過誤や事故は許されません。そこで、全店舗内のミスから学び、調剤過誤・事故防止に役立たせるようしています。昨今、調剤過誤防止の機器も多く導入されるようになり、ソフト、ハードの両面から店舗支援を行っています。


システム委員会

会社全体のITリテラシーを整え、新しいクラウドソフトウェアの研究、社内ネットワーク(VPN)の活用を高め、社員のITによる業務支援を行っています。
我が社では、なくてはならないシステムになった薬剤在庫管理システム(薬VAN)を活用し、廃棄薬をほぼなくすことに成功しています。


研修企画委員会

「聞くだけの勉強会だけなら、外部で行われている講演会に参加すればよい。社員が一同に集まる機会をもっと有効に活用し、社内だからこそできる勉強会」をめざし、他の店舗のスタッフが持っている優れた知識を吸収し、いいところを共有しあえる場として、また薬局全体の“横”のつながりを深める場作りを行っています。研修企画委員会のテーマは、「知識の共有」です。


業務マニュアル委員会

店舗毎の基本的な調剤業務は同じですが、細部での相違が見られます。どの店舗でも安全で調剤過誤をおこさない業務遂行のために「基本作業の一元化」を行っています。
そうして生まれたものが「どの店舗でも業務を円滑にすすめるマニュアル」です。


セルフメディケーション
推進委員会

自分の健康に関心をもち、軽度な体の不調を自分でケアする方が増え、サプリメントや健康食品に関心が高まっています。薬剤師として、医薬品を中心にサプリメント・健康食品にも精通し、患者さまに専門的なよいアドバイスが提案できるように支援を行っています。
ハーブなどの芳香植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使うアロマテラピーの研究も行っており、講演活動やアロマスプレーの販売を行っています。